iPad第9世代が届きました

昨日、Appleの公式サイトでウェブ予約してあったiPad第9世代が届きました。予約は12月2日に入れました。その際、届くのは1月15日~1月22日ということになっていましたが、予定よりも一か月早く届いたことになります。インターネットで経験談をいろいろ読むと、Appleは予定通りに届くという話なので、たぶん、かなり異例のことなのではないかと思います。

よほど売れないのでしょうか?

最初は、Apple Storeで買おうと思ったのですが、在庫がありませんでした。お店のスタッフに聞いてみると、「毎日入荷しますが、すぐに売り切れます。」ということでした。その際にウェブで予約することを勧められたので、ウェブで予約しました。

今回iPadを買ったのは、ホームページの動作確認が目的です。昔はタブレットを持っている人は少なく、アクセスの1%程度しかいませんでした。この程度のシェアなら、無視してもよいと判断していましたが、最近は10%から20%ぐらいがタブレットによるアクセスのようです。そこで、本格的にタブレットでどう見えるのかを検討することにしたのです。

取りあえずは、タブレットというものに慣れてみようと思います。そして、どういう画面を作ればよいのかを考えていきたいと思います。

まあ、エンド・ユーザーとして、タブレットが必要なものかと聞かれれば、パソコンがあれば必要ないと思います。しかし、私はインターネットのエンド・ユーザーではなく、作り手になるので、タブレットも持っていた方がいいというわけです。

実は、先月、古いiPadも手に入れてあります。古いiPadと新しいiPadでどう違うのかも実体験してみようと思います。

しかし、これについては、ほとんど何も変わらないと言う結論になりそうです。とはいえ、これもやってみてわかったことで、やらなければ、はっきりとは言えませんよね。

iPad第9世代は、60%の充電状態で届きましたが、早速充電して、一応、大体設定を済ませたところです。

iPad第9世代ホーム画面

私はiPhoneを使っていますが、そこに入れてあるアプリは全部入るみたいです。古いiPadの方にも自分のiPhoneで使っているアプリなら、古いiPadの古いバージョンのiOSに対応したバージョンがインストールできるようになっています。

iPhoneを使っていて良かったです。

[ iPad第9世代が届きました ]日常2021/12/23 21:00